包茎手術のアフターケアは大事

包茎手術で一番重要なのは、手術後のアフターケアだといっても過言ではないと思います。

なぜかというと、包茎手術自体は包茎クリニックのドクターが全て行うことなので、自分の出る幕はないからです。実績のある、評判の良い包茎クリニックに手術を選ぶ以外にやるべきことも特にないと思います。

そういった意味で、包茎手術後のメンテナンス、つまりアフターケアが私達に出来る一番大事なイベントごとになると思います。

手術後のアフターケア次第で術後の仕上がりが変わる

「余った皮部分を切除し、包皮に縫合も終わり、ついに包茎手術が完了!」

緊張してのぞんだ包茎手術も無事終わると、緊張も解け気持ちが楽になるのはよくわかります。でも、実はここから後が私達にとってはとても大事なことになってくるのです。

そう、包茎手術後のアフターケアですね。
クリニックから、アフターケアのための消毒液や包帯や化膿止めや痛み止め等をもらうことになると思います。

・シャワーを使用していいタイミング
・お風呂に入ってよいタイミング
・お酒はいつから飲んでいいのか
・スポーツはいつから可能なのか
・包帯を取り替えるタイミングは?
・可能止めや痛み止めはいつまで飲み続ければよいのか
・おしっこする際の注意事項など
・勃起しても問題ないのか

などあげればきりがありません

これらアフターケアに気をつけることなく、好き勝手に自己流で対応したりすると、治りかけていた傷口が何度も開いてしまって完治がおそくなってしまったり、仕上がり見た目に悪影響を及ぼす可能性も出てきます。

よって、包茎手術後も気を抜くことなく、しっかりアフターケアに取り組むようにしましょう。

アフターケアの基本はクリニックの指示通りに行うこと

ただし、アフターケアで気をつけるポイントはとても明白で簡単です。

それは徹底して「手術したクリニックの方針指示に従うこと」

これに尽きるからです。

不安に思った時など、ネット上で書かれていることを試してみたくなったり、自己流でケアしてみたくなる気持ちもわからなくはないですが、包茎クリニックはこれまで何万件も包茎手術を行ってきたプロ中のプロです。

手術後のメンテナンスに関してもいろいろなデータやノウハウが蓄積されているので、困ったらまずは手術したクリニックのサポートまで問い合わせて、指示を仰ぐようにするのが賢明な判断だと思います。

それを考えると、手術実績が多く、技術レベルの高い包茎クリニックで手術するのが、アフターケアについてのノウハウも豊富にあると考えられるので、安心して手術をうけることが出来ると思います。

2014年4月11日

このページの先頭へ

イメージ画像