皮オナニーと仮性包茎

皮オナニーって聞いたことがありますか?
たぶんほとんどの男性のオナニーはこの皮オナニーのやり方で射精していると思います。

皮オナニーとは、皮を上下にして刺激を与え快感を得るオナニーの方法のことで、皮を手でにぎって上下に移動させる(シコシコする)ので、亀頭が包皮から出たり、隠れたりすることで、皮が伸びてしまいます。

仮性包茎って言うのは、皮の余りが多すぎることで亀頭が隠れてしまう状態のことを言うので、皮オナニーはまさに仮性包茎になりやすいオナニー方法だといわれているのです。

皮オナニーだと確かに皮が引っ張られて伸びてしまうのかも知れませんが、そのぐらいで仮性包茎に影響があるかは、ちょっと疑問が残るところではあります。

仮に皮オナニーで包皮が伸びやすくなるとしても、オナニーするのなんてわずかな時間だと思うのでそれほど影響があるとも個人的には思えないのですが。

ただ気になる人は亀頭オナニーといって、剥いた状態の亀頭を刺激するオナニー方法もあるらしいので試してみると良いと思います。ただ亀頭は敏感ですから、そのままこすってしまうと刺激が強すぎると思います。ローション(石鹸やシャンプーだとしみると思います)を亀頭につけて行うと潤滑剤の役目を果たすので使ってみるのも良いと思います。

2014年4月11日

このページの先頭へ

イメージ画像