包茎がばれた場合

「私、実は包茎なんです!」

って自分から周りにカミングアウトする人って多分そんなにいないですよね?もしいたら尊敬します。勇者でしょう。

ほとんどの人は自分が包茎であることを隠しておきたいものです。

「仲の良い友達だから・・・」
「気分が少しは軽くなるかも・・・」

と思い、その人を信頼して包茎であることを告白したとしても、結果何と言われるか、周りからどういう目で見られるかわからないからです。はっきり言ってメリットゼロです。

特に、中学生、高校生、専門学校生、大学生などの場合、包茎がばれて気まずい状態になってしまっても、逃げ場がないです。なので極力包茎であることは隠しておいたほうが良いと思います。

小さい頃、若い頃って、大人のような分別がないので、ある意味残酷ですからね。

部活やサークルに入っていたり、彼女がいないのであれば、友達の前で裸を見られるのは修学旅行、宿泊研修ぐらいだと思うので、温泉や大浴場などパンツを脱ぐときはしっかりタオルでガードしてばれないようにするのが良いと思います。

軽度の仮性包茎で剥けばばれないってレベルだったら、下着を脱ぐ前に皮を剥くことをお忘れなく。

それ以外でも、予期せぬことで包茎がばれてしまうことも十分ありえると思います。
水泳教室でタオルを巻いて着替えているとき、友達に冗談でタオルを取り上げられてしまってオチンチンを見られてしまうってことも十分に考えられます。

なので

「俺、ズル剥けだから彼女が喜んでるんだよね」

こんなこと言って自分からハードルをあげないほうが良いですよ。ばれた時、誰もフォローできませんから。

「もう銭湯でコソコソ隠したり、周りの目を気にするのはやめにしたい。勇気を出して包茎手術受けてみようかな」

って考えている人は、このサイトでもおすすめの包茎クリニックをランキング形式でご紹介しているので、チェックしてみてください。

興味がある人はこれらのクリニックの無料カウンセリングに行ってみるとよいと思います。

2014年4月11日

このページの先頭へ

イメージ画像