仮性包茎と保険診療

真性包茎の場合だと、病院の皮膚科、泌尿器科で手術する場合に限り健康保険の適用を受けることが可能です。
その場合、患者負担は手術費用の30%になるので、実質負担額は1万円程度になると思います。(病院によって費用は前後するとは思います。)

ただ手術後の見た目の美しさには一般の病院はこだわってはくれませんから、真性包茎の手術であっても、美容外科系の包茎クリニックで手術するのがおすすめですね。

一生に一度の大事な手術なので、手術する際にはそのことをよく考えて、実績のあるクリニックを選ぶのが良いと思います。

一方の仮性包茎の保険診療ですが、残念ながら病院であっても全く適用されることはありません。

つまり医学会から見ると、仮性包茎は治療すべき病気には該当しないってことなんだと思います。

確かに仮性包茎は、自分で剥けば亀頭を露出することが出来るので、恥垢や雑菌を洗い流して清潔に保つことが出来るのであれば、医学的見地からは手術の必要もないのかもしれません。

ただ見た目の面では、人目で包茎だとわかってしまうので、それがいやで手術を考えている人も多いと思います。

確かに仮性包茎だと健康保険の適用はありませんが、包茎クリニックによっては、安い値段で手術を行っているところもあります。

例えば、ABCクリニックは年間手術件数も多い実績のある包茎クリニックですが、最安31500円(税込)から仮性包茎の手術を受けることができます。

仮性包茎の手術を受けようかどうしようか迷っている人は、無料でカウンセリングを実施しているということなので、お近くのABCクリニックに相談に行ってみるのも良いと思います。

2014年4月11日

このページの先頭へ

イメージ画像