仮性包茎の程度

同じ仮性包茎ではあっても、余分な皮の長さや通常時(勃起時でない)の亀頭の露出割合によって、程度がそれぞれ異なります。

言ってみれば、軽度仮性包茎と重度の仮性包茎とにわけられると思います。

この両者では、見た目と衛生面においてデメリットの大きさが全く異なってきます。

まず見た目ですが、軽度の仮性包茎の人は、温泉や銭湯の脱衣所などで人前で下半身裸になるとき、あらかじめ剥いておくことで、包茎じゃない人と同じ状態になることが出来ます。

一方、皮がかなり余っている重度の仮性包茎の人は、あらかじめ剥いておいたところで、すぐ皮が元に戻ってしまいいつもの皮被り状態に戻ってしまいます。

軽度の仮性包茎だと一時的にごまかせるものが、重度の仮性包茎だと全く包茎であることをごまかしきれないということです。包茎だとばれたくないのであれば、残念ながらタオルで股間を隠し続けるほかありません。

次に衛生面における、軽度の仮性包茎と重度の仮性包茎の違いですが

勃起していない通常時に半分以上皮がむけている軽度の仮性包茎の場合だと、ペニスに付着した恥垢や雑菌を簡単に洗い流すことが出来ます。恥垢や雑菌を放置し、ペニスを不潔にしておくと、性病に感染するリスクが高まるということで、オチンチンを清潔に保つことは健康上とても大事なことになってくるのですが、軽度の仮性包茎だと簡単なケアで予防することが可能ってことになります。

一方、包皮が長すぎて通常時全く亀頭が露出しない、重度の仮性包茎の場合、ペニスを清潔に保つことは上記のように簡単ではありません。四六時中亀頭が包皮に覆われているため、むれやすく、チコウやばい菌も繁殖しやすいにもかかわらず、皮を剥いて洗い流して清潔にするのも一苦労だからです。

このように同じ仮性包茎ではあっても、症状の重さによって衛生面や見た目上のデメリットの大きさが全く異なってくるのです。

包茎手術といえば、余った包皮を切って亀頭に縫い付ける手術が一般的ですが、この手の包茎手術を受けるのは、やはりこの重度の仮性包茎の人の方が軽度の仮性包茎の人よりも多いそうです。

ただ、もし手術を考えているのであれば、病院の泌尿器科皮膚科で手術するのではなく、当サイトで紹介しているような美容外科クリニックで受けられることをおすすめします。

なぜなら、手術後の見た目上のクオリティーの高さが一般の病院の泌尿器科と美容形成クリニックでは全く違うからです。

よく考えてみるとその通りで、病院は包茎を手術することが目的ですが、美容形成クリニックは美しく仕上げることが目的だからです。

つまり、病院の泌尿器科だと手術後の見た目にこだわってはくれないので、美容クリニックと比べると、手術跡がくっきり露出しており目立つ場合が多いそうです。

このサイトで紹介している包茎手術クリニックは、美容外科クリニックなので、手術後の見た目にこだわって手術をしてくれます。

仮性包茎の切り手術でいうと、ABCクリニックが最安31,500円(税込み)から手術可能とのことなので、手術を検討していている人は無料カウンセリングで相談してみると良いと思います。

2014年4月11日

このページの先頭へ

イメージ画像