包茎は手術するケースが多い

包茎だった場合、手術するケースの方が多いのでしょうか。
いくら手術するしないは自分の意思だからといって、他人の動向は気になるものです。

少し前のデータになりますが、ある団体が調査したところ次のような結果が出たようです。

包茎の人の占める割合は全体(男の人数)の約7割。
そのうち、通常時も剥けているペニスにするため包茎手術を受ける人は包茎の人の中の7割程度にもなるそうです。

もちろん、真性包茎とカントン包茎の人は生活にさまざまな支障が出てくるため、ほとんどの人が手術するんだと思いますが、包茎の人のほとんどが仮性包茎であることを考えると、仮性包茎の人の半分以上が手術を受けているということになります。

予想よりも多かったので、ちょっとビックリしましたが、これはあくまで他人のデータであるということを覚えておいてください。

あくまで包茎手術を受けるかどうかは、他人の価値判断ではなく、自分自身が手術内容や費用を総合して、または多くの包茎患者の手術をしてきた包茎クリニックに相談するなどいて、最終的には自分の意思で決断すべきことだと思います。

2014年4月11日

このページの先頭へ

イメージ画像